2017/10/18

科研費(3)



 10月第3週目の学校会計のチカラは、先週に続き、科研費の経費(間接経費)の取り扱いについて考えていきます。先週の学校会計のチカラでは、直接経費を取り上げていますので、先週と今週の学校会計のチカラを比較しながら考えると相違点がわかります。


1.間接経費
 間接経費は、研究者が獲得した競争的資金に対して、直接経費の一定割合(30%)を研究機関に提供するものです。研究者は、競争的資金を財源とした研究活動を研究機関で行う際、研究機関では様々なコスト(水道光熱費等)が発生します。この研究機関における研究環境整備の費用は、一定程度の負担軽減を行う必要あるため、間接経費として資金提供しているのです。

2017/10/11

科研費(2)


 10月第2週目の学校会計のチカラは、科研費の管理と直接経費の取り扱いについて考えていきます。

※先週(10月第1週目)の「学校会計のチカラ」の掲載時、担当者の誤りにより、10月第2週目の内容が掲載されるという不手際がありました。10月9日に差し替えを行い、正しい順番に変更しております。このたびはご迷惑をおかけしました読者の皆様には心よりお詫びを申し上げるとともに今後はこのような誤りがないように努めてまいります。これからも学校会計のチカラをよろしくお願い申し上げます。


1.科研費の管理
 科研費は、採択された研究課題の研究を行うために支出するものであり、この目的のために幅広く使用することができます。
 しかし、自由裁量が広くなると、研究者の個人的な判断によるルールに反した科研費の使用や不正が生じる可能性があります。これに対応するため、科研費の用途に関するルールを設け、厳正に管理する必要があるのです。

2017/10/04

科研費(1)




 10月の学校会計のチカラは、科研費(文部科学省の科学研究費)について考えていきます。第1週目は科研費の概要と今後の動向を取り上げます。

  1.科研費の意義
  科研費は、大学や研究機関等で行う研究活動に必要な資金を研究者に対して助成するために制度化されたものです。
  助成の範囲は、人文学、社会科学から自然科学までのすべての分野にわたっており、基礎研究から応用までのあらゆる独創的・先駆的な学術研究(研究者の自由な発想に基づく研究)を対象としています。
 研究活動の対象は、研究者が比較的自由に行うことができるものをはじめ、予め重点的に取り組む分野や目標を定めて行われるプロジェクトに対するもの、具体的な製品開発に結びつけるためのものなど様々な制度があります。

2017/09/27

新会計基準における財務分析について(その4)


 先週は、新会計基準における財務分析について、貸借対照表の変更点について比較しました。                今週は、第2回目及び第3回目で紹介した新会計基準における財務比率について、理解する上でのポイントを解説します。なお、文中意見にわたる部分は筆者の私見であることをお断りしておきます。
 

2017/09/20

新会計基準における財務分析について(その3)


先週は、新会計基準と旧会計基準における財務分析について、事業活動収支計算書を中心に変更点を比較しました。今週は、貸借対照表の変更点について比較します。

なお、文中意見にわたる部分は筆者の私見であることをお断りしておきます。

2017/09/13

新会計基準における財務分析について(その2)



先週は、学校法人における財務分析の意義と新会計基準における財務分析の特徴について解説しました。今週は、具体的に新会計基準と旧会計基準における財務分析について、事業活動収支計算書を中心に変更点を比較します。なお、文中意見にわたる部分は筆者の私見であることをお断りしておきます。
 新会計基準が適用されたことに伴い、事業活動収支計算書(消費収支計算書)における財務分析が以下のとおり変更になっています。

2017/09/06

新会計基準における財務分析(その1)





 今月は、新会計基準における財務分析について、旧基準と比較しながら4回にわたり解説したいと思います。第1回目の今回は、学校法人における財務分析の意義と新会計基準における財務分析の特徴について解説します。
 私立学校は、わが国の教育研究活動というきわめて公益性の高い事業を遂行することを目的としています。また、将来世代を育成する機関としての私立学校は、今後ますます重要な役割を果たす責任があるため、その管理・運営は適切でなければならず、株式会社等の営利法人に比べ、より永続性、確実性、公共性等を確保し、経営の安定化を図る必要があります。