2016/04/27

軽減税率のポイント

 
 1.はじめに 消費税率が10%に引き上げられることにあわせて、軽減税率制度が平成29年4月1日から導入されます。学校法人において、消費税率の引き上げは平成29年度予算の作成段階から準備が必要ですが、本稿をきっかけに軽減税率への準備もご検討ください。


2016/04/20

「リバースチャージ方式」のポイント②

1.申告書等の変更
 リバースチャージ方式の導入により、「消費税及び地方消費税の申告書」(一般用)に変更がありました。新たに別表として「特定課税仕入れがある場合の課税標準額等の内訳書」が追加になり、付表2「課税売上割合・控除対象仕入税額等の計算表」にも項目追加があります。
 そこで今週の学校会計のチカラは、国税庁のホームページから申告書を抜粋しながら、申告書の記入方法について説明させていただきます。

2016/04/13

「リバースチャージ方式」のポイント①

1.はじめに
 平成27年度税制改正により、国境を超えて行われる電気通信利用役務の提供について消費税の課税関係の見直しが行われました。平成28年度税制改正は、これに手直しを加えたものです。

今週の学校会計のチカラは、リバースチャージ方式の概要について説明をさせていただきます。

2016/04/06

平成28年度税制改正(消費税)のポイント

4月から6月までは、学校法人の税務について解説します。
当月は消費税について、5月は法人税について、6月は源泉所得税、寄附金等について順次解説します。

本稿がアップされるのは4月の頭ですので、平成28年度の改正税法が無事国会を通過し、平成28年4月1日より施行されたことと思います。学校法人の皆様は、法人税・地方税(収益事業)や消費税の申告書の作成に向けて、準備を始めた頃ではないでしょうか。

そこで4月の学校会計のチカラは、平成28年度税制改正のうち消費税の改正ポイントを取り上げます。